HOME > 観光案内 > レンソイス


 マラニョン州にある15万5千ヘクタールの巨大な国立公園レンソイス・マラニェンセスは、環境保護法により辺り一面に広がる高さ40mにもなる砂丘や湖など、美しい自然が保たれています。

 一見砂漠を思い出しますが、砂漠とは大きく異なり長い年月をかけて砂の間に閉じ込められた雨水がやがて湖となり、青や緑に輝く水に縁取られた砂丘が、他では見られない幻想的な美しい景観を織り成しています。

 ベストシーズンは雨が少なく且つ水が多い7月~5月。毎朝観光客を乗せたジープがプレギサス川を渡り、国立公園に向かいます。中でも人気なのが青い光を放つラゴア・アズール(青い湖)やラゴア・ボニータ(美しい湖)。途中高い砂丘を歩いて上らないといけないので同じ日に両方へ行くのは難しいかもしれません。日焼け止め、飲料æ°´や軽食を忘れずにお持ち下さい。風があるので暑さをあまり感じないだけに要注意です。

近年、日本のテレビでも度々紹介されるようになり知名度が高くなりつつある、注目度抜群の観光地です。他にも、1997年にユネスコの世界文化遺産に登録された州都サンルイス市の歴史を感じさせる町並みを散策してみて下さい。

パッケージ レンソイスの大砂丘 2泊3日
含まれるもの
宿泊 ロッジ又はホテル2泊
食事 朝食と終日砂丘観光時の昼食
航空券 含まれません
観光手配内容 サンルイス空港の送迎及び終日砂丘観光(英語ガイドさん)
注意事項
  • 2名様からの手配です
  • お一人部屋希望の場合は追加料金が発生します
  • 時期により含まれる観光が変わる事があります

お問い合わせフォーム

は必須入力です。
パンタナール ボニート