HOME > 観光案内 > パンタナール


 マット・グロッソ州とマット・グロッソ・ド・スル州(南マット・グロッソ州)の間に広がるパンタナールは日本の本州とほぼ同じ総面積です。約650種の鳥、230種の魚類、80種の哺乳類、50種の昆虫類などが生息する世界最大級の大湿原です。

 ユネスコの自然遺産に登録されているパンタナール保護地域は大きく乾季と雨季の二つの季節に分けられます。5月から10月頃の乾季ではところどころ湖や川に水が残る以外地面が干上がますが、雨季になると景色はがらりと変わり巨大な海のように水が広がります。

 釣り好きにはたまらない場所で、様々な種類の魚が無数の川で泳いでいます。釣り目当ての観光客専用の船ホテルもあります。産卵時期の11月から1月の間は釣り禁止なので要注意です。

 他にも牧場が多く、食卓では魚料理ばかりでなく牛肉とタピオカ芋の煮込み料理も一般的。魚はフライ、煮込み、網焼きなど様々で、付け合せにはご飯とピラン(魚の煮汁とタピオカの粉を煮たもの)をよく食べます。ピラーニャのスープやワニのから揚げもこの地域の人気メニューなので、是非味わって欲しい一品です。

パッケージ パンタナル大湿原 3泊4日
含まれるもの
宿泊 ビレッジホテル又はホテル3泊
食事 オールインクルジブ
航空券 含まれません
観光手配内容 カンポグランジ空港の送迎及び野生動物観察やトレッキング(日本語ガイドさん)
注意事項
  • 2名様からの手配です
  • お一人部屋希望の場合は追加料金が発生します
  • 時期により含まれる観光が変わる事があります

お問い合わせフォーム

は必須入力です。
アマゾン レンソイス